日本化粧品検定について

日本化粧品検定とは

日本化粧品検定は生涯学習を目的とする一般の方々をはじめ、学生、美容従事者を中心に幅広い年齢層の方を対象に、化粧品・美容に関する知識の向上と普及を目指した検定です。
美容皮膚科学、化粧品の基礎知識、法律など各分野の専門家30名以上に監修された内容に基づき、体系的に専門的な化粧品や美容の知識を学ぶことができます。SNS等の発達による情報過多社会において、正しい知識を得ることで必要なものを取捨選択できる力が身につきます。ご自分の美容知識として、あるいは化粧品のプロフェッショナルとして、日々の生活やお仕事などさまざまな場面で活用できます。

監修者一覧はこちら

受験者の傾向

受験者の約7割は化粧品・美容関連業界で占めており、仕事に直結した資格として支持されています。化粧品メーカーをはじめ、OEM、小売業、美容院、エステ、ネイルサロンなど、多くの企業で社員教育として日本化粧品検定が導入されています。
  • 受験者データはこちら
  • 協賛・サポート企業はこちら

検定をオススメしたい方々

美容に興味のある方、キレイになりたい方なら年齢や性別を問わずオススメできます。
【キャリアアップ】
化粧品関連にお勤めの方(販売・営業・商品企画・研究開発など)
美容師・メイクアップアーティスト
ネイリスト・カラーコーディネーター
医師・看護師など
【就職に!転職】
美容・化粧品業界に向けて、就職活動中の方、コスメ好きを仕事に生かしたい方
・化粧品や美容に関する知識が増える
・仕事上で顧客と接する時に説得力が増すなど資格取得で仕事に役立つ。
受験者の動機は

試験の程度と内容

目的 内容
1級 化粧品の専門家を目指す 2級の内容に加え、化粧品の中身(成分など)まで理解し、活用法を提案できる、化粧品の専門家としての知識を問います。科学的根拠のある正しい知識でコスメの活用法を提案できるコスメの専門家を目指します。
2級 自分がキレイになる 肌悩みに応じた化粧品やメイク方法だけでなく、紫外線・食事・運動・睡眠など美肌に影響を与える要因についての基礎知識を問います。知識を高めることで、よりコスメを楽しむことができるようになるでしょう。
3級 自分の知識を正す 間違えがちな化粧品や美容の知識を問います。今日からすぐに実践できる美容の知識を学習することで、日々のスキンケアやお化粧時に思っていた素朴な疑問も解消できます。
  • 試験範囲
  • 例題にチャレンジ

試験の程度と内容

受験料 受験資格 受験形式 問題数 試験時間 合格基準
1級 12,000円(税抜) どなたでも
受験できます
筆記試験/
マークシート方式
60問 60分 正解率
70%以上
2級 6,000円(税抜) 50分
3級 無料 WEB試験/
四択式チェック方式
20問 20分 正解率
80%以上

検定スケジュール

試験日 申込期間 受験地 結果通知
第6回試験 2016年5月22日(日) 2月10日~4月5日 札幌・函館・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡 6月下旬
第7回試験 2016年11月27日(日) 8月8日~10月14日 札幌・函館・仙台・水戸・東京・新潟・静岡・名古屋・京都・大阪・広島・福岡 2017年1月上旬

検定に合格した後は

詳しくはこちら

例えばこんなところで

さらなる顧客満足の追求へ。社員のスキルアップ奨励として全社員3分の1が1級に合格。

資格を取ったことでヘアのプロたちに信頼される確かな美容知識を得られました

コスメコンシェルジュを取得したことで書く原稿の信頼度も上がりました!

お客様や美容関係者が「本当の美容」を学べる場を!

日本化粧品検定
  • 個人受験の方
  • 法人・団体受験の方
日本化粧品検定無料WEB受験
公式テキスト問題集

購入はこちら

  • 認定スクール一覧
  • コスメコンシェルジュサロン一覧
  • 協賛・サポート企業一覧
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter
  • 公式ブログ
  • 個人正会員 募集中!
  • 法人正会員 募集中!