データで見る日本化粧品検定の魅力

日本化粧品検定から広がる、化粧品を学ぶということ

化粧品への関心や安全性、正しい知識の需要が高まるとともに、さまざまな世代の方が、それぞれの動機で「日本化粧品検定」にチャレンジしています。
日本化粧品検定は化粧品のよし悪しを評価するのではなく、化粧品の中身や働きを理解し、目的に合った使い方ができるようになることを目指しています。ブランドに偏ることはなく、公平な目で化粧品を学ぶことができるため、多くの方に支持をいただいています。
また受験後にはさらにプロフェッショナルな「コスメコンシェルジュ資格」を目指す方も多くいます。受験をきっかけに改めて化粧品を知り、魅力を再発見し、ご自身のお手入れやお仕事に活かしています。

受験者数および合格率

受験者は年々増加しており、2018年にはのべ36万人を超えました。
受験者数および合格率のグラフ

20代・30代女性を中心に支持される日本化粧品検定

年齢や学歴に関係なく誰でも気軽に取り組むことが出来るので、全体の受験者は10代~60代以上と幅広い年齢層の方に受験いただいていますが、最も多いのは20代・30代の女性です。
しかし、メイク・コスメ業界でも男性が活躍する時代ですので、徐々に男性の受験者も増えています。

化粧品検定のスペシャリストを目指す、様々な動機

日本化粧品検定受験者に受験のきっかけを聞いたところ「美容・コスメの知識を深めたかったから」と答えた方が約3割、「現在の仕事に役立つと思ったから」と答えた方が約3割でした。
化粧品の知識を深めることで、自分や家族、友人のために役立て、それを仕事にするという方も多くいます。現在のお仕事のために活かす方はもちろんのこと、将来的に化粧品や美容関連のお仕事に就きたいという方からもご支持をいただいており、仕事の選択肢が広がったというお声もありました。
コスメコンシェルジュ資格は1級合格後、当協会の会員となり、所定の研修プログラムを修了することで認定されます。
過去の1級合格者の約8割の方が上位資格である「コスメコンシェルジュ資格」を取得しています。

化粧品・美容業界でも支持される高い信頼

受験者の半数以上は、化粧品・美容関連の職種の方。
化粧品関連でも、メーカー、原料、OEM、容器、卸など、様々な分野や、販売、営業、企画、研究といった様々な職種の方々が挑戦しており、業界を代表する検定へと成長を遂げています。
また、化粧品や美容業界への就業や転職を目指す学生や主婦層にも広がっています。
企業の購入事例はこちら
コスメコンシェルジュ資格取得の流れはこちら
日本化粧品検定
  • 個人受験の方
  • 法人・団体受験の方
文部科学省
日本化粧品検定無料WEB受験
公式テキスト問題集

購入はこちら

  • 資格者インタビュー
  • 認定スクール一覧
  • コスメコンシェルジュサロン一覧
  • 協賛・サポート企業一覧
  • 無料資料ダウンロード
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter
  • 公式ブログ
  • 公式インスタグラム
  • 日本化粧品検定LINE@
  • コスメコンシェルジュエージェンシー
※本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。