化粧品検定協会通信

【セミナーレポート】コスメを読む(メイクアップ製品)第二部: トレンドの成分と処方を知る(前半)

2016年10月1日、東京にて

「コスメを読むセミナー 〜メイクアップ製品〜」を開催音譜

 

今回は

[第2部]  トレンドの成分と処方を知る

より、ファンデーションをはじめとした

パウダー製品に関するレポートですひらめき電球

宝石白第1部のレポートはこちら!

 

講師は引き続き、

 

某有名ファンデーションを生み出された
化粧品開発コンサルタント
荻原 毅さんキラキラ
 

 

化粧品の成分は原則、配合量の多い順に表示しますベル

 

が!粉類はまとめて後ろに表記していますひらめき電球

 

そのため、パウダー系の化粧品は

成分表示を読むだけではどのような機能を持つかが

少し分かりづらいのですあせる

 

そこでヒントとなるのが製法です!

大きく分けて2種類の製法がありますひらめき電球

 

①湿式製法

この製法で作られる製品は

ふんわり柔らかく、しっとりとした感触キラキラ

発色も柔らかでナチュラルな仕上がりです音譜

お皿の裏に充填孔と呼ばれる

小さな穴があることが、

見分けるポイントですベル

 

作り方は、まず粉体と結合剤を混ぜ合わせて

クリーム状にしますベル

 

それをお皿に移してやさしくプレスした後、

成分を一部蒸発させて完成です音譜

 

 

②乾式製法

この製法で作られる製品は

やや硬めの感触で、油分が多く

カバー力が高いことが特徴ですキラキラ

 

発色が良いため、アイシャドウの締色にも

ピッタリなんですキラキラ

表面に網目模様があることが特徴ベル

作り方は、顔料を粉砕したあと

結合剤を加え、混ぜます音譜

 

更に粉砕してふるいにかけ、

しっかりプレスすると完成ですひらめき電球

また、気になるファンデーションの違いについても

教えていただきましたベル

 

 

 

【春夏用/秋冬用ファンデーションの違い】

 

春夏用はやはり、

持ちの良さや紫外線ケアが大切キラキラ

宝石白化粧もちUP成分のメチコン、ジメチコン

宝石白通気性のよい結合剤のシリコーンなど

宝石白紫外線吸収剤のメトキシケイヒ酸エチルヘキシル

 

などが主に配合されていますひらめき電球

 

対して秋冬用は、乾燥対策が大事にキラキラ

宝石白エモリエント性の高い粉体のレシチン

宝石白エモリエント性の高い結合剤スクワラン、ワセリン

宝石白保湿剤のグリセリン

 

 

などが主に配合されていますひらめき電球

 

【ナチュラル系/カバー系ファンデーションの違い】

ナチュラル系は、ふわっと感が大切キラキラ

宝石白湿式製法が多い。

宝石白 酸化チタン(白色顔料)などの配合量は少なめ。

宝石白ツヤ出しのために雲母チタンやマイカが使われる。

宝石白クロスポリマー(球状粉体)などが使われる。

 

カバー系は、密着感がポイントひらめき電球

宝石白酸化チタンや硫酸Ba(白色顔料)などの配合量が多め。

宝石白 ツヤ消しのために

  ポリメタクリル酸メチル(粉状球体)などが使われる。

宝石白密着力を高めるために

  ダイマージリノール酸ステアリルなど

  半固型油が使われる。

 

また、パウダー化粧品は、

小道具によっても仕上がりが異なりますひらめき電球

 

カバー力の高い順に、

 

指>厚いスポンジ>薄いスポンジ>パフ>ブラシ

 

となります。

 

次回レポートがラストですベル

 

。°+°。°+ °。°。°+°。°。°+°。°+
コスメが読めると化粧品は
もっとおもしろくなる

。°+°。°+ °。°。°+°。°。°+°。°+

第7回日本化粧品検定
2016年11月27日

テキストのご注文はこちら

facebook:https://t.co/OV7RXxMGXt
twitter:https://twitter.com/cosme_kentei
イ ンスタグラム:https://www.instagram.com/cosmeken/

日本化粧品検定
  • 個人受験の方
  • 法人・団体受験の方
日本化粧品検定無料WEB受験
公式テキスト問題集

購入はこちら

  • 資格者インタビュー
  • 認定スクール一覧
  • コスメコンシェルジュサロン一覧
  • 協賛・サポート企業一覧
  • 無料資料ダウンロード
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter
  • 公式ブログ
  • 公式インスタグラム
  • 日本化粧品検定LINE@
  • コスメコンシェルジュエージェンシー
※本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。