• 日本化粧品検定とは

日本化粧品検定とは

コスメを知ると、
毎日がもっと楽しくなる!

毎日化粧品と向き合っているのに、化粧品の中身や効能効果、
メイク方法など、コスメや美容そのものについて学ぶ機会はあまりありません。
コスメや美容を正しく知ることができれば、化粧品選びや使いこなしができるようになり、
スキンケアやメイクのお悩みを解決して、理想の自分に近づくことができます。

日本化粧品検定は、化粧品に関する幅広い知識を身につけることができる文部科学省後援の検定試験*
日本化粧品検定を通じてコスメや美容の正しい知識を学び、
キレイになった自分をもっともっと楽しみましょう。

*1・2級

コスメや美容っておもしろい。

コスメや美容は、あなたにとってどんな存在でしょうか。
コスメや美容を学ぶことで、人生を華やかにメイクアップすることができます。

化粧品ってどれを使っても同じ?
それは大きな間違いです。

化粧品は、各メーカーが研究に研究を重ねて生み出すもの。
「化粧品の効果がいまいち感じられなかった……」それは化粧品の知識がないことも理由のひとつです。
正しい知識を身につければ、コスメを読み解き、自分の肌や目的にあった化粧品を選べるようになります。

正しい化粧品の知識が、
人生の選択肢を広げてくれます。

コスメや美容が好き!
もっとキレイになりたい!
就職や転職などでキャリアアップしたい!
日本化粧品検定受験を目指す方は、さまざまな目的を持っています。
年齢や性別、職業に関わらず、化粧品のことをもっと知りたい!と考えるすべての方のための検定試験です。

「日本化粧品検定」って
どんな検定?

日本化粧品検定は、
文部科学省後援の公的資格です。

日本化粧品検定は美容関係者をはじめ生涯学習を目的とする
一般の方々や学生など、幅広い年齢層の方を対象に、
化粧品・美容に関する知識の普及と向上をめざした検定です。
化粧品・美容関連の検定では唯一、文部科学省後援の公的資格*です。

*公的資格とは、国家資格と民間資格の中間に位置づけられる資格で、一般的に、文部科学省などの省庁が後援し、民間団体や公益法人が試験を実施・認定する資格とされています

各分野の専門家
40名以上が監修

エビデンスに基づく
正しい知識が
得られる

キレイになれて
仕事でも役立つ

生活に、活かせる。

自分の肌にはどんな化粧品が合うのか、メイクアップ化粧品をどう使ったらより魅力的に魅せることができるのか、毎日使っている化粧品をより効果的に使用することができます。日本化粧品検定で学んだことで“なりたい自分”に!

1級合格 〇〇〇〇さん(主婦)
1級合格 〇〇〇〇さん(主婦)

キャリアアップに、活かせる。

日本化粧品検定は化粧品会社を始め多くの企業に社員教育として導入されています。近年では、検定合格を昇給・昇進の条件にされている企業も増えてきています。中には独立され、活躍している方も。検定取得がご自身のキャリアップにつながります。

1級合格 〇〇〇〇さん(主婦)

就職・転職に、活かせる。

日本化粧品検定は、化粧品業界・美容業界の業界認知度が約90%*と高く、文部科学省後援の公的資格のため信頼度が高い資格です。合格された場合、履歴書に記載することができ、書類審査や面接時のアピールポイントになります。

*2020年9月開催「化粧品開発展(大阪)」来場者アンケート

1級合格 〇〇〇〇さん(主婦)

日本化粧品検定は、化粧品・美容業界を中心に広く認知され、
今では業界を超え、幅広い方々が受験する人気の美容系検定に成長しています。

受験者数

受験者は年々増加し、
のべ108万人を超えました

2013年の第1回検定開催以降、受験者は年々増加し、ますます注目度が高まっています。多くの方が受験し、そこで学んだことを仕事やご自身の化粧品選びなど生活に活かしています。

受験者累計人数

受験者数

※グラフの数値は1~3級の累計受験者数(2022年6月末実績)

受験者の
年代・性別

20代・30代女性を中心に
支持される日本化粧品検定

年齢や学歴に関係なく誰でも気軽に取り組むことができるので、全体の受験者は10代~60代以上と幅広く受験いただいています。最も多いのは20代・30代の女性です。
また、コスメやメイクの分野でも男性が活躍する時代となり、徐々に男性の受験者も増えています。

受験者年齢の割合(2021年実績)

受験者年齢の割合

受験者年齢の割合(2021年実績)

受験者年齢の割合

受験者の業種
業界認知度

化粧品・美容業界でも
支持される高い信頼

受験者の4割以上が、化粧品・美容関連の職種の方々です。化粧品関連でも、メーカー、原料、OEM、容器、卸など、さまざまな分野や、販売、営業、企画、研究といった多岐にわたる職種の方々が挑戦し、業界を代表する検定へと成長を遂げています。
さらに、化粧品や美容業界への就職や転職をめざす学生や主婦層にも広がっています。

職業別受験比率累計(2021年実績)

受験者年齢の割合

2020年開催の「化粧品開発展」で行ったアンケート調査では、化粧品・美容業界での「日本化粧品検定」の認知度は89%という非常に高い結果に。

受験者年齢の割合

日本化粧品検定 認知度

受験者の
受験動機

美意識が高い方の
“知りたい”を満たす充実の内容

受験の動機1位は「知識を深めるため」という結果に。純粋に化粧品の知識について学びたいという方が多く、化粧品・美容に対する知識欲は年々高まっています。

受験者の受験動機

各級の内容と試験範囲

ワンランク上のキレイを目指す

間違えがちな化粧品や美容の知識を問います。

■ 試験レベル:美容の基礎知識を問います。無料で何度でも受験できます。

コスメの常識を知りキレイになる

試験範囲

美容知識
  • ・クレンジングの基本
  • ・洗顔の基本
  • ・化粧水の基礎知識
  • ・乳液・クリームの基礎知識
  • ・美容液について知る
  • ・勘違いしがちな肌悩みの対処法
  • ・スペシャルケアに関する素朴な疑問
  • ・お手入れの基本手順を学ぼう
  • ・スキンケアに関する素朴な疑問
  • ・日焼け止めの基本
  • ・メイクアップの基本
  • ・化粧くずれの対処法
  • ・自分に似合う色の見つけ方
  • ・唇の皮むけの対処法
  • ・まつ毛ケアのための基礎知識
  • ・ボディケアに関する素朴な疑問
  • ・ヘアケアの基本
  • ・シャンプーの基礎知識
  • ・手や爪の特徴を学ぼう
  • ・日本と海外の化粧品の中身

美容を語れる人を目指す

美容皮膚科学を中心に、スキンケア、メイクアップ、生活習慣美容、マッサージなどのトータルビューティーを学びます。

■ 試験レベル:3級の内容に加え、以下の事柄をしっかり理解している
■ 出題範囲:日本化粧品検定2級・3級テキスト

コスメの常識を知りキレイになる

試験範囲

美容皮膚科学
  • ・皮膚の構造
  • ・皮膚のしくみと働き
  • ・皮膚の機能
スキンケア
  • ・肌タイプと見分け方
  • ・肌悩みの原因とお手入れ
メイクアップ
  • ・メイクアップの基本テクニック
  • ・肌悩みに応じた化粧品の使い方
生活習慣美容
  • ・肌を劣化させるさまざまな要因
  • ・紫外線が肌に与える影響
  • ・効果的なマッサージの必要性と方法
  • ・美しい肌をつくる生活習慣 (睡眠・食生活・運動・入浴)

※第20回日本化粧品検定のお申し込み受付は2023年2月1日を予定しております。

化粧品の専門家を目指す

化粧品の中身や成分に加え、ボディケア、ヘアケア、ネイル、香り、オーラルケアまで幅広く理解し、さらに化粧品にまつわるルールなど専門的な知識を学びます。

■ 試験レベル:2級・3級の内容に加え、以下の事柄をしっかりと理解している
■ 出題範囲:日本化粧品検定 1級対策テキスト、日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト

コスメの常識を知りキレイになる

試験範囲

化粧品科学
  • ・化粧品の原料について
  • ・スキンケア化粧品
  • ・男性肌の特徴
  • ・メイクアップ化粧品の基本となる原料
  • ・UVケア化粧品
  • ・ベースメイクアップ化粧品
  • ・ポイントメイクアップ化粧品
  • ・アイメイクアップ化粧品
  • ・ボディ化粧品について
ヘアケア
  • ・毛髪と頭皮の構造と機能
  • ・毛髪の変化とトラブル
  • ・ヘアケア化粧品について
ネイルケア
  • ・爪の構造と機能
  • ・ネイル化粧品とお手入れ方法
香り
  • ・嗅覚のしくみと香りの種類
オーラルケア
  • ・口腔と歯の構造
サプリメント
  • ・サプリメントの基礎知識
法律
  • ・化粧品と医薬品医療機器等法
  • ・化粧品・薬用化粧品・医薬部外品の効能と効果
  • ・化粧品の広告やPRのための表示ルール
  • ・化粧品の全成分表示
安全性
  • ・化粧品の安全性を守るためのルール
  • ・化粧品を安全に保つために
  • ・化粧品と肌トラブル
  • ・化粧品の官能評価
  • ・官能評価の実施例

※第20回日本化粧品検定のお申し込み受付は2023年2月1日を予定しております。

動画で知る日本化粧品検定

日本化粧品検定1,2,3級各級の紹介

日本化粧品検定
日本化粧品検定

このページのTOPへ

日本化粧品検定3級Web受験 日本化粧品検定3級Web受験
日本化粧品検定3級Web受験 日本化粧品検定3級Web受験