化粧品検定協会通信

【セミナーレポート】コスメを読む(香りの成分を知る、調香体験付き) 第二部

第2部は香りの見分け方、トレンド製品情報、
まとい方、使い方の基本、レイヤリングなどについて

講師は山田 麻穂さんです
日本フレグランス協会講師、日本調香技術普及協会理事をされており、
サロン「プライベートトワレ」を運営していらっしゃいます

香りの基本構造は、
つけてから香らなくなるまでに、3段階に変化しますが、
ミドルノートが製品の1番の特徴が出る
ので、
良し悪しを判断するのがいいそう
リピ買をするならラストノートで決めるのがおすすめとのこと

トップノート(つけたて。第1印象。5~10分くらいに香る。)
トラス系やグリーン系など。
ミドルノート
(1番の骨格となる部分。20分~2時間くらいに香る。)
フローラル系。
ラストノート(第2の体臭と呼ばれる部分。2時間以降。)
ウッディー系、バニラ、ムスク、動物性香料など。

香水のつけ方ですが、
手首にシュッとつける方が多いと思いますが・・・・
どうやらこれは最も香りが強く出てしまうようです


肩越しの背中、ウエストの両サイド、両膝の裏側
6ヶ所
香水をまとうようにつけるとさりげなく香るそうです
リタッチをするなら肘の内側

そして、レイヤリング
レイヤリングとは、
同じ香りのシリーズの商品(バス&ボディクリームなど)を重ねて使用するこです。

これにより香りが肌そのものから香っているかのように
柔らかくまとうことが出来、香りの持続性は増すそうです

よい香りは精神的に癒されたり、
ファッションだけではなく、心理学的にも注目されています

参加者の方からのお声をここでまた紹介します
「もともと香水は好きだったのですが、
知らないことばかりだったのでとても勉強になりました
そしてますます香水の事が好きになりました
気になる製品もいくつかあったので、試してみたいと思います

ちなみに…今回のセミナーのお土産はコチラ!
豪華な内容ですよね

次回のコスメを読む(美容液を大解剖)セミナーもお楽しみに~

。°+°。°+ °。°。°+°。°。°+°。°+ °。°。
コスメが読めると化粧品はもっとおもしろくなる

第六回日本化粧品検定の受験申込開始は2016年2月10日から

お申込みの詳細はこちらから

日本化粧品検定
  • 個人受験の方
  • 法人・団体受験の方
日本化粧品検定無料WEB受験
公式テキスト問題集

購入はこちら

  • 資格者インタビュー
  • 認定スクール一覧
  • コスメコンシェルジュサロン一覧
  • 協賛・サポート企業一覧
  • 無料資料ダウンロード
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter
  • 公式ブログ
  • 公式インスタグラム
  • 日本化粧品検定LINE@
  • コスメコンシェルジュエージェンシー
※本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。