化粧品検定協会通信

受験者10万人突破。日本化粧品検定が人気の美資格に成長した理由は?

日本化粧品検定

2016年で受験者が
10万人を突破しました!!

2013年11月に第1回検定がスタート
それからわずか3年で

受験者急増中

なぜ多くの方に受験していただいているかというと
理由は


1化粧品に対する正しい知識
  習得ニーズの高まり

昨今、web上に様々な情報が氾濫してますが、
キュレーションサイトの閉鎖等の問題があり、
発信されている情報の信頼性は自身で
判断しなければならない時代です。

また、化粧品による肌トラブル等のニュースも
世間を騒がしており、化粧品購入時にも
何をどう選ぶか」、消費者の選択眼が問われています。

2社員教育として導入する企業の増加


化粧品の体系的な知識を習得できるという観点では、
一個人の需要にとどまらず、企業の社員教育としても
導入されています。

導入企業は化粧品メーカーにとどまらず、小売業にも拡大し、
社員教育・スキルアップの一端を担っています。

宝石白ロクシタンジャポン株式会社
接客コンテストの上位者を対象に、さらなる知識習得を
目的として当検定を取り入れている。

*詳細はこちら

宝石白日本盛株式会社
化粧品通販事業 コールセンターの強化として導入。

基本的な知識を得ることで、オペレーターは対応力が
身につき、問い合わせにも自信をもって
答えられるようになった。

*詳細はこちら

宝石白イオンリテール株式会社
600名を超えるイオンビューティケアアドバイザーが
検定を受検。

顧客ニーズの多様化にも対応可能な知識の
習得を目指している。

*詳細はこちら


3美容業界での活躍するための機会創出

企業導入と同様に大きく伸びているのが、
これから美容業界で活躍したいと考える人の受検。

異業種から美容業界への転職はもちろん、
美容ライターや美容家を志す人が、単に知識を得るだけでなく、

「化粧品に関する知識を有する」

という社会的認知を得るための手段の1つとして、
当検定が活用されている。

この考えは就職活動を控える学生も同様で、
化粧品や美容業界を目指したいと考える
学生の受検人数が増加している。

当協会が産学連携を結んでいる東京農業大学での
校内受検人数は回を重ねるたびに増加、
また多くの専門学校とでも提携校契約を締結しており、
教育現場からも当検定に対するニーズが高まっている。

また、当協会では会員限定の求人情報を公開する等、
受検者の就職バックアップをおこなっている点も、
増加理由の一つです。

日本化粧品検定は
このようにあらゆる方面で広がりを見せていますアップ

5月28日開催
第8回日本化粧品検定

申込〆切は
4月4日まで



ご自身のキレイのため音譜

キャリアアップのため音譜

化粧品・美容業界で活躍する
チャンスをつかむため
音譜

是非、受験してみませんか?

皆様からのお申込をお待ちしております!!

*お申込みはバナーをクリック

日本化粧品検定
  • 個人受験の方
  • 法人・団体受験の方
日本化粧品検定無料WEB受験
公式テキスト問題集

購入はこちら

  • 資格者インタビュー
  • 認定スクール一覧
  • コスメコンシェルジュサロン一覧
  • 協賛・サポート企業一覧
  • 無料資料ダウンロード
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter
  • 公式ブログ
  • 公式インスタグラム
  • 日本化粧品検定LINE@
  • コスメコンシェルジュエージェンシー
※本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。