入会・更新のご案内

一般社団法人日本化粧品検定協会の社会的使命と活動目的にご賛同いただいている、コスメコンシェルジュを目指している方や、コスメまたは美容情報に関心を持つ一般の方々による会員組織です。 会員の皆様には一般社団法人日本化粧品検定協会が行う数々の協会活動の中において、さまざまな特典をご用意しています。
  • 会員特典
  • 入会申込
  • 会員更新
  • 会員規約

会員特典

特典

● 当協会主催イベント・セミナーへ会員価格での参加・無料ご招待
● 他団体主催イベント・セミナーへ特別価格での参加・無料ご招待

  • 会員活動はこちら
  • 過去のセミナーはこちら

優遇

● 化粧品関連のイベント・セミナーへ会員価格での参加や無料招待
● 名刺用のロゴ無料ダウンロード
● 会報誌のお届け(年1回発行)

活動支援

● JCLA発行リーフレット・ポスターの無料入手
● コスメコンシェルジュサロン一覧への無料掲載
※コスメコンシェルジュ資格者のみ掲載可能。閲覧はどなたでもできます。
● メディア斡旋
● 求人情報のご案内
化粧品関連のお仕事を紹介しています。求人情報のメルマガ登録もできます。
● 各種相談窓口あり
化粧品全般についてや薬事法についての相談を受付ます。
(所属されている会社の商品などの相談は法人会員のみとなります。)

入会申込

【入会条件】コスメ・美容に関心を持ち、当協会の目的や活動にご賛同いただける方
【対象】
コスメコンシェルジュを目指している方・美容産業に従事されている方・コスメまたは美容情報に関心を持つ一般の方
※コスメコンシェルジュ資格申請・認定申請には入会が必須となります。

入会と同時にコスメコンシェルジュ資格の申込を希望される方

コスメコンシェルジュ資格申請
申請期間 研修プログラム 入会金 年会費 研修プログラム費
前期 5月受験 6月上旬~ 8月~9月 10,000円 10,000円 5,400円
後期 11月受験 1月上旬~ 2月~3月
※再入会に際しては、所定の入会金・会費を改めて納入していただく必要があります。
※入会金・年会費の消費税は不課税のためかかりません。
コスメコンシェルジュ資格申請はこちら
研修プログラム約2.5時間程度です。各地のセミナー会場(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌)による参加か、WEBによる動画講習かをお選びいただけます。
◆WEB講習について講習会に必要なテキスト等、資料一式は視聴期間の一週間前を目途にご登録ご住所宛にお送りいたします。受講御、所定の提出物をご返送いただくとコスメコンシェルジュ資格認定となります。
利用推奨環境
Adobe Flash Player
Google Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safari、または Opera
500 Kbps 以上のインターネット接続

入会のみを希望される方

どなたでも今すぐご入会いただけます。
(入会金10,000 円 、年会費10,000 円)
当協会は4月~翌年3月末まで年度制のため、次年度の更新時には10,000円の年会費が必要となります。
※入会金・年会費の消費税は不課税のためかかりません。
入会申込はこちら

会員更新・資格の継続に関して

4月~翌年3月末まで年度制のため、次年度の更新時には10,000円の年会費が必要となります。
コスメコンシェルジュとコスメコンシェルジュインストラクター資格については会員を継続することにより資格も継続されます。
※クレジットカード決済をご選択いただいた場合、次年度の更新手続きがスムーズとなります。
(事前に更新継続について確認いたします。)
※コスメコンシェルジュとコスメコンシェルジュインストラクター資格を取得希望の場合は当協会への入会が必要となります。
日本化粧品検定協会

会員規約

社会的使命と活動目的

あらゆる美容知識の集約・蓄積および化粧品の品質向上を通じ、我が国における生涯学習としての美容術の振興に寄与することを目的とします。

会員規定

(目的)

第1条
この規定は一般社団法人日本化粧品検定協会(以下「協会」という。)会員について必要な事項を定める。

(会員)

第2条
協会の活動目的に賛同し、入会し、協会の活動を支援する者を会員とする。
期間は、4月1日~翌年3月31日までの1年間とし、期間中の加入、または退会を許可する。
ただし、総会での議決権は有しない。

(入会および入会金)

第3条
会員として入会しようとする者は、協会の定める申込みフォームまたは入会申込書を使い、協会に入会申込みをし、入会金を納入しなければならない。 入会金は、会費規程に従う。

(入会の不承認)

第4条
入会申込みをした者が以下のいずれかの項目に該当する場合、その者の入会を承認しないことがある。
  • 1. 過去に本規程違反等で除名処分を受けたことがある場合
  • 2. 入会申込みの際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、又は記入漏れがある場合

(義務)

第5条
  • 1. 会員は協会の活動目的を遵守し、協会の活動を支援しなければならない。
  • 2. 会員は1年毎(4月1日~翌年3月31日)に、会費を納入しなくてはならない。会費は会費規程に従う。
  • 3. 会員は住所、氏名(法人・団体の名称)、や登録内容に変更が生じた場合、ただちに協会へ届け出なければならない。

(権利・義務の始期)

第6条
会員としての権利は、前項の入会金および会費の納入が完了した時に発生するものとする。
総会への参加および総会での議決権は有しない。

(会員譲渡の禁止)

第7条
会員として有する権利を第三者に譲渡もしくは使用させたり、売買、担保の設定等に供する等の一切の処分行為はできないものとする。

(私的利用の範囲外の利用禁止)

第8条
会員は、協会が承認した場合を除き、協会を通じて入手したいかなる情報をも複製、販売、出版、送信、放送、工業所有権の出願その他私的利用の範囲を越えて使用することはできず、また、第三者をして使用させることはできない。

(会員資格の喪失)

第9条
会員は以下のいずれかの項目に該当する場合、資格を喪失する。
  • 1. 協会に所定の退会届を提出したとき
  • 2. 本人が死亡し、もしくは失踪宣告を受けたとき
  • 3. 所定の会費を継続して1年間に渡り滞納が生じたとき

(入会金および会費の返還)

第10条
退会・資格の喪失・除名等のいかなる事由であっても、既に納入した入会金、会費は一切返還しない。

(再入会)

第11条
  • 1. 第9条により資格を喪失した者が再入会を希望し、協会がそれを認めたときは、再入会を認められる。
  • 2. 再入会に際しては、所定の入会金・会費を改めて納入しなければならない。

(除名)

第12条
会員が本規程の条項等に違反したとき、または協会に損害を与えたとき、または会員としてあるまじき行為があったと認められるとき、協会は理事会の議決により会員を除名することができる。
附 則
この規定は、平成25年7月1日から実施する。

会費規定

1.一般社団法人日本化粧品検定協会(以下「協会」という。)の会員の入会金および1年毎(4月1日~翌年3月31日)の会費 は次のとおりとする。
 入会金 10,000円 / 年会費 10,000円 ※入会金、年会費には消費税はかかりません。
2.入会時に納入すべき入会金と初回の年会費は、入会申込み時に納入しなければならない。
3.途中入会または途中退会での年会費の取扱い
 途中入会:年会費全額を申し受けます。
 途中退会:最終期間中の年会費は返金しない。
4.2回目以降の会費の納入は、期間終了の1ヶ月前までに退会の届出がなければ、毎年3月に行うものとする。
5.本規程は、総会の承認を経て、改定することができる。

附 則
この規定は、平成25年7月1日から実施する。

登録情報の変更、退会届

会員TOPページの右カラムにある「登録内容のご変更」よりお手続きをお願いいたします。
日本化粧品検定協会
日本化粧品検定
  • 個人受験の方
  • 法人・団体受験の方
日本化粧品検定無料WEB受験
公式テキスト問題集

購入はこちら

  • 認定スクール一覧
  • コスメコンシェルジュサロン一覧
  • 協賛・サポート企業一覧
  • 無料資料ダウンロード
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter
  • 公式ブログ
  • 公式インスタグラム
  • 日本化粧品検定LINE@
※本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。