コスメコンシェルジュ

  • 資格特典など
  • 活動実績
  • 資格者インタビュー
  • 資格者データ
  • スケジュールや費用など
  • Q&A

資格者インタビュー

堀田さん
OEM会社勤務時代は叶わなかった『納得いくまでこだわる商品』を目指して
化粧品ブランドを立ち上げました!
前職のOEM会社で蓄積した商品企画のノウハウと持ち前の感性を生かし、以前から思い描いていた"納得いくまでこだわったブランド作り"という願いを実現すべくブランドを立ち上げました。スタートアップのまだまだ知名度のないブランドですが、開発者自身がコスメコンシェルジュの資格を取ることで、小さな会社が出す商品の信憑性を上げることに繋がり、また業界の最新動向をタイムリーにキャッチすることも商品作りに大きく役立っています。

いろいろ聞いてみました

起業したきっかけを教えてください。

前職は化粧品OEM会社に勤務し、企画、処方、パッケージ開発に至るまで年間50品目ほどの商品企画開発に携わっていました。OEM会社だったため、それぞれのクライアント様の都合やご希望に沿って企画を組み立てていたので、中には「本当はもっとこうしたいのに」という思いを何度も経験してきました。いつかは自分が本当に納得できるまでこだわった商品を世の中に出したいと、2013年から構想を始め、その一年後にブランドを設立、さらに一年後には法人化を成し遂げました。
資金力も人脈もない中模索しながら前進し、できることが少しずつ増えていくのを実感しながら頑張る毎日です。

なぜコスメコンシェルジュの資格を取得したのですか?また取得したことにより、仕事にはよい影響がありましたか?

前職では会社を通じて業界に関するさまざまな情報が自然に得られる環境でしたが、独立後、そういった業界の最新動向を得る窓口として、コスメコンシェルジュの資格を取得しました。資格取得までの勉強だけではなく、資格取得後でも、検定協会が主催するさまざまな勉強セミナーで、化粧品開発に関する専門知識を深めることができました。また交流会などでは、たくさんの業界の方とのネットワークも広がり、情報交換もできて大いに役立っています!

商品について教えてください。

IKIIKI BOTANICS(イキイキボタニクス)は、話題のオイル美容を新しい解釈でアプローチした、「New Oil Therapy」がコンセプトのオーガニックスキンケアブランドです。従来の肌に塗るだけのオイルケアとは一線を画し、様々な質感、種類、抽出方法の異なるオイルを最適なブレンド、そして新しい発想とケアメソッドでスキンケアに取り入れました。
上質なボタニカルオイルをたっぷり練り込んだ、泡立たない美容オイルせっけんは、その驚きの感触と保湿力で発売後大きく反響を呼び、光文社女性誌VERYの「未来のミセスCEO」として選ばれました。
日本化粧品検定
  • 個人受験の方
  • 法人・団体受験の方
日本化粧品検定無料WEB受験
公式テキスト問題集

購入はこちら

  • 資格者インタビュー
  • 認定スクール一覧
  • コスメコンシェルジュサロン一覧
  • 協賛・サポート企業一覧
  • 無料資料ダウンロード
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter
  • 公式ブログ
  • 公式インスタグラム
  • 日本化粧品検定LINE@
  • コスメコンシェルジュエージェンシー
※本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。