コスメコンシェルジュ

  • 資格特典など
  • 活動実績
  • 資格者インタビュー
  • 資格者データ
  • スケジュールや費用など
  • Q&A

資格者インタビュー

若林さん
人前に出る仕事を再開したのをきっかけに、美容に対する熱い想いが再燃!
若い頃にモデル業をしていたのですが、数年前に自分の劣化を感じて一度辞めたんです。ですが、数年前にまた人前に出る仕事がしたくなり、そうなったら見た目もきちんとしなくては、と美容熱が高まりました。ちょうどその頃、知り合いのブログに「コスメの教科書」が載っていて、日本化粧品検定を受けます、と出ていたんです。そこで、私も受験してコスメコンシェルジュに。さらに知識を深めたいとコスメコンシェルジュインストラクターにもなりました。それをきっかけに、モデルとしてだけじゃなく、認定講師の活動も始めることができました。

いろいろ聞いてみました

日本化粧品検定を受けたのはなぜですか?

20代の頃、化粧品会社に勤務していたこともあり、もともとコスメは大好きでした。でも、しばらく美容からは離れていたのですが、以前やっていたモデル業を再開するにあたり、見た目などを気にし始めたら美容熱が再開。そんなときに資格の存在を知り、大好きな化粧品に関する資格ならぜひ取りたいと思ったんです。ただ、知ったときには試験までにあまり時間がなかったので、まず2級を取得し、半年後に1級に挑戦しました。

その後、コスメコンシェルジュインストラクターを目指した理由は?

コスメコンシェルジュを取得したら、もっともっと美容について知りたい、この知識を生かせるようになりたいと思ったんです。自分だけじゃなく人のためにも役立てたいなと強く思い、自分の仕事の幅もさらに広げられたらいいなと。また、協会代表理事の小西さんを見ていて“私もあんなふうになりたい”と憧れたことも大きいです。目標にする方が近くにいることは心強いです。

資格を取られて、仕事にはいい影響はありますか?

まず、モデル業のほうに役立つことがありました。たとえば、美容のお仕事のオーディションのときにコスメコンシェルジュインストラクターを持っているとコメントをしやすいので、コメントをする仕事などは受かりやすくなりました。ただの主婦です、というよりも肩書きがあることは大きいです。それと同時に協会のPRもしていきたいので、その肩書きで人前に出ることで相乗効果も生まれます。この資格を実際に取ってみて、本当に女性のためになると思いましたし、私自身インストラクターという新たな仕事も始めることができました。ですから、今後はもっとたくさんの人にこの資格を知ってもらえるように活動していきたいです!
日本化粧品検定
  • 個人受験の方
  • 法人・団体受験の方
日本化粧品検定無料WEB受験
公式テキスト問題集

購入はこちら

  • 資格者インタビュー
  • 認定スクール一覧
  • コスメコンシェルジュサロン一覧
  • 協賛・サポート企業一覧
  • 無料資料ダウンロード
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter
  • 公式ブログ
  • 公式インスタグラム
  • 日本化粧品検定LINE@
  • コスメコンシェルジュエージェンシー
※本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。